プロポリスの種類


プロポリスといえば数え切れないくらいの種類が出ておりますが、その中で大きく分けますとロポリスは次の2種類に区分されます。

@ユーカリ系プロポリス(南米・オーストラリア・ブラジル産)

Aポプラ系プロポリス(中国・日本・ヨーロッパ産)です。

日本ではプロポリスはブラジル産が高品質だといわれていますが、その大きな理由としては「ブラジルには様々なバクテリアが多いから蜜蜂はそのバクテリアに負けないよう、より強いプロポリスを作るから」といわれています。

しかし実際のところプロポリスが世界に注目され、確認された物質は「天然フラボノイド」です。

この天然フラボノイドに関しては中国産ポプラ系プロポリスのほうが種類・量ともに多く、さらに活性力も強いといられています。

しかしいずれにせよ産地によって成分が異なっていても、プロポリスの巣を守る機能は同じです。

その面でプロポリスの品質を左右するのは産地ではなく、むしろ「成分をいかに多く取り出せるかどうか」「添加物の有無」「水溶性の有無」「天然酵素が含まれているか」など、大部分は製法にかかっているといえます。

それゆえ、ブラジル産だからといって、すべてが高品質であるとは限りません。

プロポリスの効果と効能


posted by zhongshan at 22:07 | TrackBack(0) | プリポリスの種類

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。